周りを巻き込む

周りを巻き込む
2+

みなさんこんにちは。

今回も熊本で開催される世界選手権の話を絡めながら、書いていきたいと思います。

前回は、『なぜ人気が出ないのだろうか。』ということをテーマに書いていきました。

知ることで変わること

今回は、『ハンドボールを盛り上げる為には』ということを
テーマに書いていきたいと思います。

ハンドボールを盛り上げる為にはどうしたら良いと思いますか?

ハンドボールに関わっている人が試合を見て盛り上がることはもちろん、
ハンドボールに関わってない人にも盛り上がってもらうことではないでしょうか。

そして、今は世界選手権前ということで
“ハンドボールを盛り上げる為には” が “世界選手権を盛り上げる為には” に変わっているだけで
あくまでも1番の目的はハンドボールを盛り上げるということだと思うのです。

もちろん世界選手権を盛り上げることは大切です。
「日本開催」「世界のすごいプレーが見れる」「ハンドボールを見れる・知れる」etc..
このようにハンドボールを盛り上げれるきっかけがたくさんあるからです。

少し話がずれてしまいましたが、
ハンドボールに関わってない人にも盛り上がってもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

一番、手っ取り早いのはハンドボールを見てもらうことではないでしょうか。

それも大人数で。それが今回の日本開催の世界選手権でできるのでは・・・

例えば、居酒屋でお酒を飲みながら試合が見れる場を作るとします。

最初は少人数かもしれませんが、盛り上がってくると自然と人も集まると思います。

友達を誘って行くようになったり、お店の中で知らない人と一緒に盛り上がったり、
日本に住んでいる海外の人と一緒に盛り上がったり。

現役ハンドボール選手がその場で解説をしてくれたり、プチ情報を教えてくれたりも
面白そうですね。

いつ間にか、ハンドボールを見て盛り上がっている状況が想像できませんか?

また、パブリックビューイングをすることも一つの手だと思います。

大画面でハンドボールを見て、盛り上がれます。それと同時に世界選手権の雰囲気を味わえます。

多くの人たちと一緒に観戦することで、自宅で観戦する以上の興奮が得られるはずです。

選手の母校でパブリックビューイングを行ってみたり。

このようなことなら会場に行かなくても、どこでも誰でも見る機会が得られるのではないでしょうか。

そして、世界選手権中にハンドボールに興味を持ってくれた人も「今度行ってみよう」と
チケットを買って会場に行くことよりも気軽に行けるのではないでしょうか。

しかし、これは僕がどうこう出来ることではありません。あくまでも願望です。

でもそのようなことをすれば、ハンドボールに関わっている人も関わってない人も
盛り上がれると思います。

グッズ販売とかはどうなのだろうかとも考えました。

しかし、それは現地に足を運んだ人やハンドボールに関わっている人向け
なのではないかと思いました。

ハンドボールに関わっている人、好きな人は「欲しい!」となるかもしれません。

でもハンドボールに関わっていない人は「欲しい!」となるでしょうか。
グッズ目的にチケットを買ったりするようになるか、ハンドボールを見てみようとなるかは
現実問題厳しいと思います。

僕が重要視したいのはハンドボールに関わってない人、あまり知らない人に
盛り上がってもらうことです。
『ハンドボール面白い』と思ってもらうことです。

そうでなければ、結局のところハンドボール人気は今と変わらないのではないかと思います。

ハンドボールに関わってない人が盛り上がることによって、
ハンドボールが盛り上がってると実感でき、
前回書かせてもらった『ハンドボール人気』につながるのではないでしょうか。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

2+