ヒトリゴトみたいな私のはなし。

ヒトリゴトみたいな私のはなし。
9+

皆さんこんにちは!今年は桜が結構粘っていますよね…!去年はもうこの時期かなり散っていたように思いますが…。

新入生の皆さん!新社会人の皆さん!いよいよ新しい生活がスタートしましたね。存分にウキウキしちゃってください!…今年社会人となった同期の皆には「そんなに甘いもんちゃうぞ!」って怒られそうですが…。

大学を卒業したにもかかわらず、いまだつくばに居座っている私…。
授業なし、様々な制限なし、ぐーたらしようと思えばいくらでもできるこの環境。そんな危機的状況を救い、なおかつ私の生活リズムを整えてくださるスーパードラマ。それは…朝ドラ!!そして今はなつぞらです!!

これ、最強っす。毎朝8時から15分間放映されるため、目が覚めます!どんなに眠くても今のところ全話見れています!

なつぞら、本当にいい話なんです。今10話くらいなんですが、既に3回は泣きました。朝から泣けます。おすすめです。
主題歌のスピッツが歌う「優しいあの子」という歌も非常によく、最高の目覚ましです!
そんななつぞらですが、4話で厳しいおじいさんが主人公なつに対して発した言葉…(ちょっとネタバレです)
「人をあてに生きているやつに誰かが助けることはない。自分の力を信じて頑張れば、きっと誰かが助けてくれる。堂々と生きろ!」というセリフ。
ジーーンときましたね。やはり長く生きて、色々な苦労を重ねた人の言葉は沁みますね。すぐメモしちゃいました(笑)

 

長く生きた人と言えば…。
突然すみません。命を無くすと何が残ると思いますか?

いつもお世話になっているお寺さんのお話からの受け売りなんですが、命を無くすと、存在が残るそうです。
どんな顔だったか、どんな人だったかの記憶はせいぜい今を生きている人たちどまり。私たちも10代前、100代前のご先祖様のこと、何も覚えてないし、よっぽどの家系や家系図などがある人以外は何も知らないですよね。ではどうやって存在を残せるかというと、それは「私がこの世に生まれたこと」で、10代前、100代前のご先祖様を把握することが出来るそうです。

例えば10代前のご先祖様から私が生まれるまでに、シンプルに数えて1024人が関わってきますよね。
1024人のうち誰か一人でも欠けたら、「私」はこの世に存在していないわけです。

1024人が生きた証は「私」という人間によって示され、その1024人の方たちがこの世に生まれるには、それぞれにまた1024人が関わってくるわけです。

遡れば戦争や災害もあったわけで…当たり前の話と言えばそうかもしれませんが、今私たちがこの世にいる奇跡を感じませんか?
感謝です。この世に生まれてこれたことを感謝します。

 

とまぁ、ハンドボールの話なんてほとんどせず、急に真面目な話をしてしまいましたが…
私はこういった話を聞いたり、話したりすることが大好物なんです(笑)
私という人間の紹介ということで多めに見てください…。

今週から関東学生ハンドボール春季大会が始まりますね!すごく楽しみです!
他の地域もそろそろかなと思いますが…!

土日暇だな~なんて日は是非足を運んで、熱気ある会場で学生たちのイキイキとした姿を見てあげてください!

 

最後に最近ブームのグリーンスムージー!朝ごはんと一緒にいかがですか…?
これは水菜、ほうれん草、キウイ、バナナ、豆乳です!正直何入れても美味です!
是非皆さんもお試しあれ~

 

スポンサーリンク

9+