ハンガリーでの生活と練習

ハンガリーでの生活と練習
0

皆さんこんにちは。

まずは近況報告からしたいと思います。

先日行われた、Magyar Kupa (カップ戦)でFerencvárosに26-23で勝ち、クラブ史上初めてのFinal4への出場が決定しました!!!

チームメイトも口を揃えて「Final4は特別な場所」と言っていました。

これでVeszprémやSzegedと試合ができます。今すぐにでも試合がしたいです。本当に楽しみです!

 

そして、今日はハンガリーでの生活と練習について書いていきたいと思います。

 

僕はハンガリーのDabasという街に住んでいます。首都のBudapestから40kmのところにあるとても小さな街です。

日本でいう茨城県をイメージしてもらえればわかりやすいと思います。住みやすいし、東京に簡単に行けるし‥‥

ディスっているわけではありませんよ!笑

 

今僕は一人暮らしをしています。

こんな感じの少しおしゃれな家に住んでいます!

棚がたくさんあるのですが、ほとんど使ってません!笑

 

そして、僕の1日のスケジュールを大まかに言うと

8時朝食 10時練習 12時昼食 17時ミーティング 18時練習 20時夕食

だいたいこんな感じです。

 

自炊はしてますか?

と質問をよくされるのですが、夜は自炊をしています。

炊飯器がないので、ご飯は鍋で炊いています。

この話をすると「すごい。」と言われるのですが、慣れると意外と簡単ですよ!笑

朝はパンやシリアルで昼はクラブが提携しているレストランでチームメイトと食べています!

ハンガリーに限らず、海外で暮らしているとどうしてもカロリーの高いものを食べがちになってしまうと思います。アウェーの試合後はバスの中でピザを食べますからね!笑

なので自炊をするときは出来るだけ、栄養のバランスを考えて、野菜を多くとるようにしています。一人鍋をよくしています!

さ、寂しくはないですよ‥‥

 

そして、僕のクラブの練習時間は1時間半です。長くても2時間では終わります。ヨーロッパのクラブはだいたいこんな感じだと思います。

日本の中学生、高校生は4時間くらい平気でやってますよね。今となっては考えられないです‥

午前はインターバル、ウエイトトレーニング、シュート練習といった個人的な練習をします。インターバルはなかなかきついです‥

最近はケトルベルを使ったトレーニングを週に2回しています。

午後は戦術練習がメインです。

その週の試合相手のパターンやフォーメーションの確認やキーマンとなる選手に対するDF練習を行います。どこのクラブにもスーパーエースは1人いますからね。

 

そして、日本よりも練習の中でのばちばち感があって、言い合いがよく起こります。僕もたまにチームメイトに日本語でわからないように文句を言っています!笑

でも、練習が終わると何事もなかったかのようにハグをして、「さっきはごめん。」

とお互い謝っているのを見ると、コートの中と外でのオンとオフの切り替えが大事だと感じています。

コートの中では感情を表にだして、チームに良い影響を与え、自分の思ったことを選手、コーチに伝える。コートを出ると、ただの人。僕もこういう選手になりたいです。偏った表現ですが、ヨーロッパの選手を見て、こういった選手が活躍するんだなと思います。

 

そして、日本では経験したことのないメディシンボールやバランスボールを使った練習がたくさんあり、とても新鮮です。日本に帰国した時に還元できればなと思っています。

 

次回は日本のハンドボールとハンガリーのハンドボールの違いについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

0