白熱した男たちの戦い!!

白熱した男たちの戦い!!

みなさん、こんにちは。

ヨーロッパでは、男子のEURO2020

アジアでは男子のアジア選手権が開催されています。

EUROとは、ヨーロッパで一番強い国はどこなのかを決める大会で2年に1度の
開催となっています。

翌年の世界選手権の予選も兼ねている大会です。

1/15にグループリーグ予選を終えて、前回のEURO2018で3位、
2019年の世界選手権で3位のフランス

EURO2018で4位、2019年の世界選手権で優勝したデンマークがグループリーグ予選で
敗退してしまう波乱が起きました。

各グループリーグの結果がこちらです。
上位2チームがメインラウンドに進みました。

メインラウンドに進んだのはこの12チームです。()内はEURO2018での最終順位。

グループⅠ
スペイン (1) , クロアチア (5) , ドイツ (9) , オーストリア (15) , チェコ (6) , ベラルーシ (10)

グループⅡ
ノルウェー (7) , スロベニア (8) , ポルトガル (出場なし) , ハンガリー (14) , アイスランド (13)
スウェーデン (2)

そして、1/19現在での順位がこのようになっています。

グループⅠは、スペインとクロアチアが勝ち点6でベスト4がかなり近いかと思われます。

クロアチアは1/18のドイツ戦で最大5点のリードを許すも、後半DFからの速攻が
立て続けに決まり、逆転に成功し25−24で勝利しました。

ドイツは準決勝進出に向けて負けられない一戦だっただけに悔やまれる敗戦に。

1/22には、クロアチアvsスペインの首位攻防戦があるので、見ものかと思います。

2019年の世界選手権では、23−19でクロアチアが勝利しており、
スペインはその時のリベンジを果たせるのか。

1位通過と2位通過ではかなり違ってくるかと思います。

グループⅡは、かなり混戦となっています。

EURO2018で2位となったスウェーデンを下して、首位通過してきたスロヴェニア。

EURO2018、2019年世界選手権ともに3位になったフランスを下し、
メインラウンドに進出した
ポルトガル。

2019年世界選手権チャンピオンのデンマークがいるグループを突破してきた、
ハンガリーとアイスランド。

予選グループからの勢いがあるチームが多いだけに、まだどうなるかわかりません。

2位から5位までが勝ち点2差(1/19時点)となっており、残り2試合でまだ順位の変動が
起こりそうな気がします。

個人的な注目チームは、ポルトガルです。

EURO2018、2019年世界選手権ともに出場を逃しているポルトガルですが、
今大会では、グループリーグ予選でノルウェーに敗れたものの、強豪国が揃う
グループDを2位通過しました。

メインラウンドでは、1勝1敗の4位(1/19の時点)ですが、まだベスト4が狙える位置に
付けています。

中でもポルトガルの14番 Rui Silva Sousa Martins選手に今大会は注目しています。

ポジションは主にCBで、打つことも自分で突破することも出来ますが、1番の魅力は
パスセンスだと思います。

味方が欲しいタイミングでパスが出したりと周りを活かすのがとても上手い選手です。
こういう選手がいると周りの選手が伸び伸びとプレーを出来ますし、DFからしても
厄介に違いありません。

また、メガネをつけて試合に出ているという特徴もある選手。

是非一度ポルトガルの試合を見てもらいたいです。

EURO2020の試合映像やベストプレーは下記から見ることができます。
ehfTV

メインラウンドも終盤に差し掛かり、準決勝、順位決定戦に向けて白熱した試合が
続くに違いありません。

世界最高峰のヨーロッパの試合を観てみてはどうでしょうか。

一方で、男子日本代表、彗星JAPANも来年開催される世界選手権の予選も兼ねた
アジア選手権(クウェートで開催)に1/16から出場しています。

初戦の中国戦に、39−16で快勝したものの、
次戦のカタール戦で28−36でBグループ2位でメインラウンドに進みました。

カタールは前回2017年に開催されたアジア選手権で優勝しており、
その時メインラウンドで日本も対戦しており、23−40で敗戦しています。

その相手に前半17−16の1点差勝ちで折り返した今回。
後半こそは相手DFの前にミスを連発してしまい、点差が離れましたが確実に
強くなっていると感じる試合でした。

メインラウンドでは、予選グループで韓国を倒したサウジアラビア、
前回大会で惜しくも破れているバーレーン、Dグループ2位通過のUAEとの対戦です。

前回大会では、メインラウンドで3位となっており5−6位決定戦に周り、
最終的に6位となった日本代表。

前回大会の記録を上回り、まずはベスト4に進出するためには1/20に開催される
サウジアラビア戦に勝ち、勢いを付けたいところです。

もちろん厳しい戦いにはなると思いますが、日本の実力が試される試合にも
なると思います。

サウジアラビア戦の注目ポイントは、カタール戦のときのように
前半立ち上がりから速攻を増やして『攻撃回数』を増やしていくのか、
また後半の相手の変化にどれだけ早く対応ができるかというところです。

日本代表の試合もライブで見ることができます。
KTV Sport

1/20 日本時間22:00〜  vsサウジアラビア

1/21 日本時間20:00〜  vsバーレーン

1/23 日本時間20:00〜  vs UAE

時間帯は少し遅いですが、みんなで彗星JAPANを応援しましょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

1+