ハンドボールに魅せられて。 vol.6 吉野樹

ハンドボールに魅せられて。 vol.6 吉野樹
10+

皆さんこんにちは!

トヨタ車体 BRAVE KINGS の吉野です。
今回代表でも活躍されてる豊田合成の坂井選手から
質問をいただいたので書くことになりましたー!

ハンドボールに魅せられて。 vol.5 坂井幹

はじめに簡単に自己紹介したいと思います。

名前 吉野 樹

年齢 24歳

血液型 O型 マイペース

出身地 埼玉県三郷市

経歴 三郷HC → 三郷北中 → 千葉県 私立市川高校 → 明治大学 → トヨタ車体 BRAVE KINGS

趣味 旅行 美味しい物食べる
旅行先で美味しいものを食べるのが本当楽しみです!

好きな食べ物 焼肉 甘いもの

小さい頃の習い事 ピアノ 水泳 少林寺拳法 テニス

私は一人っ子で兄弟もいなく大事に育てられてきました。

小さい頃は遊び大好き人間で常に外に出て遊んでいました。遊び相手は友達または父。
小学生の時はランドセルを玄関においては外に行ってましたね、、
主にドッチボールやサッカーをしていました。

肩がとても強かったです。
サッカーはセンスが全くなくて、ボールを蹴ろうとして自分の足を蹴るような子でした。
なのでいつもキーパーをやらされていましたね。汗

足も速いわけでもなく、小さい時は足が速くてモテる子が羨ましかったです。笑

そんな時、小学4年生の頃友人に誘われ、ハンドボールの体験に行くのがきっかけでした。
いろんなスポーツを経験したんですが、何より
手でボールを投げてゴールネットを揺らす感覚は、楽しすぎて感動しました。これだ!とビビッときましたね。

さて、昔話はほどほどに今回は坂井選手から質問を頂いたので、答えていきたいと思います。

Q.トヨタ車体に入社して身体が大きくなったと思うんですが、どのようなトレーニングされてますか?

身体が大きくなったというのは本当で、
体重が8kg増えました。

入社前は歯磨きと同じくらいウエイトすると聞いていました。
車体のウエイトをすればすぐ増えます。笑笑

もともとトヨタ車体に入りたかったのはチームの雰囲気やプレースタイルも、もちろんですが、
僕は学生まで、知識がないままにウエイトトレーニングをしていましたが、そんな僕がちゃんとウエイトすればどれだけ成長できるのか知りたかったという理由もあります。

ちなみに大学生のころは
181cm 81キロ
大学生なら理想かなと思います。
当時も身長から100キロ引いた体重を目指せと言われていました。

今は183cm 89キロ
入社から身長が少し伸びたのはびっくりしましたが、
8キロ増やしました。

大学4年で内定選手の頃のプレーオフ

 

2年後 2年目、プレーオフ

 

あの頃と比べたら大きくなったと思います。
わかりにくかったらすみません。笑

 

車体では、ボディビルダーで、ウエイトトレーナーをして下さっている相川さんが教えて下さっています。
基本的に週2日ウエイトをしていますが、人によってはそれ以上に自主的にやっている方も多いと思います。

シーズンが始まる前はバルク期といって、より重い重さで筋肉を大きくさせる期間となります。

シーズンが始まるとその大きくなった筋肉の中身を鍛えるために、サーキットなど心拍数を上げながら行うトレーニングや、ハンドボールの動きに近いトレーニングをします。

数日はハンドボールなんてできません!ってくらい筋肉痛です。
限界を超えて頭が真っ白になったり、中にはウエイトで吐く選手もいます。
ウエイトで吐くなんて車体くらいではないでしょうか笑

 

次に、車体に入って自分なりに変わったところやメリットをあげました。少しでも参考になると嬉しいです。

メリット

・ディフェンスに捕まってフリースローになってしまうような場面でも、突破し、2人を引きつけ周りを生かすプレーができる

・接触されてもシュートを決め切ることができる

・スピード以外で、世界と戦える武器が増えた

・ディフェンスの強化

 

デメリット

・怪我しやすい
(身体を大きくすることはとても重要なことだが、間違った方法でトレーニングしてしまうと怪我にもつながってしまう)

・スピードが落ちがちになる
(スピードと筋力が合わさってこそ力が発揮される)

 

海外の選手と戦っていくにはフィジカルupがまだまだ必要だと感じております。

当たり負けするだけで余計な体力を使ってしまうし、前半戦えても、後半がもたず最後には点差も離されてしまいます。
フィジカルがあると気持ち的にも余裕が持てます。

また、身体の柔軟性をキープするのも同じくらい大切です。

渡部仁選手は開脚して胸が床につくほど柔らかいんですよ!!!
是非、車体の選手の身体を観察してみてください!

 

最後に、僕は車体に入ってから尊敬できる先輩に囲まれ考え方も少しずつ変わってきました。
これからも沢山のことを吸収しながら、理想の身体を求めていきたいと思います!

 

次回は現在大同特殊鋼で日本代表を勝利に導くハンドボール界の宝、東江雄斗選手にバトンタッチします。

日本一シュートがうまいと言われてる東江選手
プレーも沢山教えてもらうことが多いです!!!

そんな東江選手に聞きたいことは

「憧れの選手は誰ですか?」

見てる方が驚くようなプレーをする東江選手ですが誰を憧れとしてて見本としてるのか聞いてみたいと思います。
楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

10+