近況報告とリーグが再開してからのこと。

NO IMAGE

スポンサーリンク

Bom dia 網谷涼子です!

今日は近況報告をしたいと思います。

まず初めに。日本リーグの選手の皆さん、少し遅くなりましたが2020-2021シーズンお疲れ様でした。

コロナ禍で誰もが体験したことがない状況下でのシーズンでしたが、改めてスポーツは感動を与えてくれることを再確認したと同時に、多くの方が動いた、そして環境整備をした。そして、各チームの徹底した予防対策によってリーグとプレーオフが成功したんだなと遠くにいますが感じていました。

というのもポルトガルでは何度も試合が延期になったり、各チームに感染者がでたり、ロックダウンに近い規制を国が設けたのでリーグ中断期間があったりしたからです。もちろん国によって差はあるし、どんなに予防していても感染する時はしてしまうと思いますが、改めて日本リーグすごい・・・と思いました。

この2度とない経験を後に生かしていくのは私たちなんだなと常日頃感じながら、きついけどすごい経験をしてると常に言い聞かせて今後も生活していきたいと思います。

私はまだまだシーズンが続くのでこちらで頑張っていきたいと思います。

今シーズンで引退する選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!

そして、高校生の皆さんには春の選抜で思いっきりハンドボールを楽しんで欲しいなと思います!

 

ということで近況報告。

現在ベンフィカは11戦9勝1敗1分で、リーグ2位につけています。

とは言っても約1ヶ月半のリーグ中断期間があったので、試合を消化できていないチームがまだまだ多いです。この順位は正直当てになりません。

リーグ戦とポルトガルカップを含めると、6月中旬までに残り20試合近く残っています。

最近はチラホラと怪我人が出てきて、改めてワンシーズン怪我なく戦う難しさについても考えさせられています。

今週末はマデイラ諸島での2連戦でしたが試合は延期に。マデイラ諸島はコロナの影響でまた島を閉じるようです。

準備期間ができたと思って来週の試合に備えたいと思います。

とは言っても、今シーズンはマデイラ諸島にはもういけないようなので正直がっかりしています。マデイラ諸島とは首都リスボンから飛行機で1時間半ほど離れた島で、サッカーのクリスティアーノ ロナウドの生まれ故郷です!

ご飯もお酒も美味しくて、なんと言ってもビーチが最高らしいです。行きたかった・・・

 

ところで自分の調子はというと、リーグが再開した2月中旬は久しぶりのゲームというのもあったし、なんとなく自分の中でしっくりきてない期間に試合が始まってしまった感があって、出だしは最悪でした。

その次の試合もボロボロ。相手のブラジル人選手に打ち抜かれまくり、勝ったもののホーム戦で悔しい試合になりました。でも、私からするともっとDFして欲しい。もっとこうしてくれたら守れるのに。という思いでモヤモヤ。

ポルトガル人はみんなオフェンスが好き。泣

 

失点した後にディフェンスと話をするも、「OK、OK!」というだけ。それか「私いまポスト見てたから〜」という言い訳。

監督に話しても「心配するな!よくシューターを見て動けばいいぞ!Be happy!」私の欲しい答えはそれじゃない。

GKコーチに話をすると「涼子のテクニックを修正する必要があるぞ」問題は全て私にあるのか?ディフェンスは無視?

 

正直、違う意味でしんどかった。

デンマークでのシーズンとはまた違ったきつさ。

国が違えば言葉が違う、文化が違う。もちろんハンドボールも違う。

わかっているけど、その国にフィットして結果を出すって簡単なことではない。

けどそれが面白さでもある。

そんな考えを行ったり来たり・・・。

 

とにかく言い訳無用。シュートを止めるしかない。

 

男子のGKコーチが忙しいので、新しいGKコーチと週2でトレーニングするようになって、自分の現在の課題と向き合いながら自分のテクニックを修正するトレーニングをしました。

正直納得いかないことだらけで、コーチに色々意見を申したこともあったし、嫌な顔をしてしまったこともあった。これはどうなの?ということもぶつけたこともありました。たくさん反省もした。

でも、自分が思うような答えが返ってこない時がほとんど。自分の中で噛み砕いてプレーするのにすごくエネルギーを使った。考えが、発想が、ハンドボールの常識が違って当たり前。そう言い聞かせながら練習しました。

でもそこで見えてきた自分のできていないことと、できないこと。

GKコーチとのトレーニングに少しずつ馴染んできて、ここ3試合くらいで結果が目に見えて出始めた。

やっぱり何を言っても、どれだけ考えても、練習するしかないと改めて思ったこの数週間。

 

前回の試合では公式戦で初得点した!高校1年までハーフラインまでしかボールを投げることができなかった私にとって、これはすごい大きなことでした。

私が筑波を卒業する時に恩師からもらった言葉。

現役生活の中で、できなかったことができるようになったということを大事にして欲しい。そこに価値があると思って欲しい。誰かの評価で自分の良い悪いを決めてはいけない。

得点した後にこの言葉をふと思い出しました。

まだまだできないことができるようになった!と言える現役生活にしたいです。

それが何より価値のあること。

 

よっしゃ、その調子でどんどんいこう。

 

 

今週末は延期なので、配信で春の選抜を見ながら少しゆっくりします。

Tchau!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

+1