チャンスはいつ転がってくるのか、どう掴むのか。

チャンスはいつ転がってくるのか、どう掴むのか。

スポンサーリンク

Bon dia!網谷涼子です。

気がつけばもう9月中旬。今年もあと3ヶ月と少しで終わってしまいますね。

コロナウイルスによる外出自粛期間を経験し、数ヶ月間あったようでなかったような空白の時間を過ごしました。

でも、悩んだり立ち止まったりいろんなことがありましたが、そういう時間って人生の深みを出すんじゃないかなって自分自身は思ってます。

残り3ヶ月半はそういった意味で充実した濃い時間を作っていきたいなと思っています。

 

今回はタイトルにもあるように ”チャンスはいつ、転がってくるのか。どう転がってくるのか” 自分なりに書いてみます。

 

私はソニーに入社してから、チャンスを掴むためにどうしたらいいのかをずっと考えていました。それまではチャンスが来るとか来ないとか、掴むとか掴まないとかあまり考えたことがありませんでした。

間が悪いで有名な私ですが、チャンスを掴むのも間が悪いんじゃ話になりません。

そんな私がいろんなシチュエーションを経験した結果、自分だけの ”チャンスのメカニズム” のようなものを発見しました。

あと何気なく自分がしていること。それはなんとなく自分にチャンスがくることに繋がっているんじゃないかなと勝手に思っていることがあります。

私の例が全ての人に当てはまるわけではありませんが、きっとその人だけの ”チャンスのメカニズム” ってあるはず。

 

チャンスが転がってくるシチュエーション

一つ目はいきなり、想定外のところからやってくることが多いです。あくまで私の場合です。

二つ目は似たようなシチュエーション。

「もう無理だな」

「もう諦めようかな」

って思った時にチャンスがやってくることが多い。神様は意地悪ですね。けど見捨てられてないなって感じます。(こういうスピリチュアルな話、実は大好き)

 

逆にチャンスが来ないシチュエーションもあります。

それは自分がバッチリ準備ができていて、いつでもチャンス来いや〜!とメラメラ燃えている時はなぜかチャンスは来ません。

いつも、試されているかのようにチャンスはやってきます。

 

チャンスが常に転がってくるようにするには

いろんな人に自分が本当に望んでいることや本音を話す。

これは知らず知らずのうちにチャンスの種をまいているんじゃないかなと自分自身思っています。

思いを言葉にするとなぜか意思が強くなるし、それが現実になるように動いていくような気がします。

あとは自分の日頃の行い次第でチャンスが来るし、努力次第でチャンスをガッチリ掴んで成功できるんだと思います。

 

私が思う日頃の行いというのは、生活をしている中での何気ない行動が含まれているんじゃないかと思っています。ハンドボールをしていない時間の過ごし方は意外とコートに出ます。

例えば公衆トイレとか何でもいいんですけど、みんなが使う共用スペースは次の人が不快な思いをしないようにして去るとか。

サービスを受けているからといって、遠征先のホテルとか飲食店で何をしていいわけではない。少しくらい綺麗にして、その場を去りたいなと私は思います。

あと、スーパーとかコンビニで床に商品が落ちていたら必ず拾うとか。

私がしたわけじゃないし・・・とか、誰かやってくれるかな・・・みたいな気持ちや習慣って自分自身を作ると思うので気をつけています。

 

そしてもう一つ。

これはソニーでプレーしていた時に飛田選手から学びました。

どんな状況であれ120パーセントの準備をする。普段の態度から、練習中から試合まで。

これが簡単に聞こえるけど、相当難しい。

自分の気持ちに左右されず、やるべきことを徹底する。

飛田選手の準備の仕方はプロフェッショナルでした。

だから飛田選手はどんな状況でコートに立っても結果を残す。そんなシーンを私は目の前で何度も見てきました。

それはソニーのユニホームを着ている時も、日本代表として戦っている時も。

良くても悪くてもいつも良い準備。チャンスがきても来なくてもいつも通りの良い準備。

 

チャンスを受けるのにふさわしい人間か、そのための準備を怠ってないかというところだと思います。

 

私が一番大切だと思うこと

どんなチャンスであれ、そのチャンスを掴もうとするかどうか、そしてそのチャンスに感謝できるか。

例えば、誰かが怪我をして得た出場機会とか

誰でも良かったけど、自分が選ばれてもらったチャンスとか。

チャンスって必ずしも、自分用のとっておきが来るわけではないと思っています。

自分は誰かの代わりなんだとか思わずに、

「そのチャンスは自分でなければいけなかったんだ」

「このチャンスをモノにできるかどうかで、次に繋がるんだ」と思えることが大事だと思います。

プライドとか色々ありますけど、チャンスに優劣はないし、何気ないチャンスがダイヤの原石だったってことあると思います。

だから、どんなチャンスがきても120%でモノにしたいなといつも思います。

それが何かに繋がると私は信じてます。

結果が残せるかどうかっていうのはきっとその先の話。

 

ちょっとまとまりがないですが、今回はここで。

Obrigada!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

1+