今シーズン、新しいチームでチャレンジします!

今シーズン、新しいチームでチャレンジします!

スポンサーリンク

Dobar dan!

こんにちは、網谷涼子です。

コロナウイルスの感染者数がまた増えてきていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

引き続き、自分自身と大切な人を守るために行動していきたいと毎日ニュースを見ながら思います。

今回のブログは今シーズン、新しいクラブと契約することができたので、そのことについて少し書こうと思います。

 

2020-2021シーズン、ポルトガルのSL Benfica(ベンフィカ)というクラブと契約を結び、プレーすることが決まりました。8月24日にチームに合流し、メディカルチェックや契約のサインをしてからトレーニングを始める予定です。契約は1年。首都リスボンに拠点を置く、とても大きな総合型スポーツクラブです。

 

契約に至るまでの経緯は、Ringkøbingでもう1年プレーするためにチームスタッフと滞在先の学校の先生方と話を進めたのですが、コロナウイルスの影響でビザ発給に時間がかかることと、滞在先の学校が生徒に対して新しい制限を設けた為、デンマークでもう1シーズンプレーするのは難しいという結論に至りました。

そんな中、Benficaから話をもらい、エージェントを通じて話を進め契約に至りました。

6月20日にデンマークを出国してからコロナ禍でチームを探すのも難しいだろうなーと勝手に決めつけていた自分がいたので、正直9割近くハンドボールを続けるのは諦めていました。

でも、新しいチームの話をもらった時、

 

”あぁ、またハンドボールに熱狂するチャンスをもらえた” 

 

諦めていた ”ハンドボールがしたい” という自分の思いがブワ〜と出てきました。また自分が頑張れる場所、挑戦するチャンスをもらったので新天地でもやってやるぞという気持ちでいっぱいです。

 

昨シーズンを少しだけ振り返ると、シーズンはコロナの影響で途中で終わってしまったけど、初めての海外シーズンがデンマークで良かったと心から思っています。

チームスタッフとチームメイトをはじめ、ファンのみなさん、滞在先の学校など、たくさんの人にあたたかく受け入れてもらえたことは何にも変えられない時間でした。

SONYを退団して何も保険がないままデンマークに旅立った私にとって、しっかりチームに所属してプレー出来るかどうか、そこで受け入れてもらえるかいろんな心配がありました。

でも ”なんて自分は幸せものなんだ” とデンマークで思えた。こんなことって自分の目の前に何回も起こることじゃないと思っています。

ただその裏側にはいろんな人の協力や理解があってできたこと、ただただ感謝です。ハンドボールをするチャンスを与えてもらったという感覚と気持ちに初めてなったような気がしました。

 

海外でプレーするというのは思っていたより簡単なことではなかったし、ビザや生活環境をゲットすること、現地の人の考え方や文化を知ること。そして、それを理解して現地で生活していくことって難しいなと私は思いました。

年齢や国籍、プロ契約を勝ち取るだけの自分の実力とクラブの大きさ、チームがトップリーグに属しているかももちろんあります。GKというポジションにおいて海外との圧倒的な差も身を持って体感しました。強烈なシュートに悔しい思いをたくさんしたけど、そういう思いができる環境に身を置くことができたのは自分の財産になりました。

というわけで、今シーズンも毎日戦える場所があることと、2度とないチャンスをものにできるように必死にしがみついていきたいと思います!

感謝は言葉と態度と表情、最後に結果で表したいところです。

今シーズン頑張ります!ちょっとだけ応援してもらえたら嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

2+