2020年の抱負

2020年の抱負

スポンサーリンク

みなさんこんにちは.こんどうしゅん(@plassperです.

 

前回のブログで,2019年をざっくり振り返りました.個人的には50点くらいです.

最後の方に2020年にやることを書きましたが,

今回はもうちょっと掘り下げて抱負を安易に語っていきたいと思います.

 

2019年は新元号が始まるということもあり,以前のブログで「人と交わっていく」ことを抱負として書きました.

 

宣言通りに,2019年は多くの方とかかわりを持つことができました.

クロアチア国内の柔道を通しての活動はもとより,帰国後に向けた動きに多くの方とSNSを通じて共有できたのがよかったと思います.

 

まだまだ課題は山積みですが,コツコツ計画を立てて実践しては修正していきます.

「人と交わる」ことは2019年並びに令和のテーマというか抱負なので,続けていくとして…

 

2020年は,

これです.

・決めれるところから決めていく

僕は将来,スポーツが身近な空間,場所,街をつくりたいです.それが集まれる楽しい場所であり,アリーナであり,スポーツクラブであると思っています.

ただあればいいというわけではなく,持続可能なものでなければいけません.

選手が生活できるサラリーが得られなければ,スポーツは苦しいモノになってしまうし,勝利至上主義では,子供たちがプレッシャーしか感じない.

観ることが楽しくできなければアリーナは競うためだけのハコになってしまう.

 

みんなが楽しく,充実感を感じられるように設計していきます.当然その楽しさや充実感という価値はお金に替わり,そのお金でさらなる楽しさを生み出すモノやヒトやコトに替えていきます.

 

その集合体やサイクルをつくるにあたり,決めなければならないことがたくさんあります.やることを決めなければならないし,やらないことも決めなければなりません.

帰国までにできること,できないことも見極めなければいけないと思います.(ここでは具体的な内容については省略)

 

こんな感じで例年以上に決断することが増える1年になるんじゃないかなと思います.

 

・集まれる楽しい場所を作る,の準備.

これから取り掛かるアリーナ・スポーツクラブの解像度を上げて共有していきます.

一緒にやってくれる,楽しく使ってくれる方を増やしていくのも大事な準備です.

 

興味のある方,是非お話させてください.

 

・オリンピック,クロアチア柔道に向けて

オリンピックランキングの確定まであと5ヶ月になりました.僕の所属クラブの選手は依然出場は厳しい状況です.ですが,彼のためにもクラブのためにも,クロアチア柔道のためにも出場に向けて全力を尽くしたいと思います.

練習環境もお金も足りないモノだらけですができることを全力で.当たり前のことを当たり前にやっていきます.

そして,クロアチア柔道全体,何十年後に少しでも僕のこの国での活動が活きるように頭を使っていきたいと思います.

 

てなわけで,2020年はオリンピックに向けて全力を尽くすと同時に,その後の世界に向けていろんなことを決めていく1年になりそうです.

本気でやり切ります.

 

今回も読んでいただきありがとうございました.

スポンサーリンク

1+